« 今宵もとことん、食う!呑む!叫ぶ! | トップページ | 成田温泉「大和の湯」 »

2005/10/08

三連休の始まりは一日ごろごろ。

金曜日は同僚と原宿『千』。私の永年勤続のお祝い会・・・を名目に飲もうってわけ(^^)。6名で食べたし飲んだ。瓶だし紹興酒をレモンを入れてロックで飲むと、いくらでもクイクイ入っていく。麦茶状態。べらべらおしゃべりして、気が付いたら11時過ぎだった。ありゃー。

あいかわらず「ちくま文庫」は面白い。毎月10日、買う買わないにかかわらず、書店の棚をのぞくのが楽しみだー。
今月は本田靖春の『誘拐』を買った。吉展ちゃん事件(1963年に起こった誘拐事件で、吉展ちゃんは2年後、犯人の自供により死体で発見された)の発生から犯人逮捕、そして犯人が死刑になるまでを追ったドキュメンタリー。これがすんごーく面白い。この事件そのものは「昭和の事件史」なんつーものには必ずといっていいほど取り上げられるものだし、平塚八兵衛の本(『刑事一代』これも面白かった!)を読んで知ってはいたけれど、被害者、犯人、犯人のまわりの人たち、警察。それぞれの視点で、その時々の動きを追いかけていくのが、読み手の自分も一緒に時間の流れに巻き込まれていくようで、途中でやめることができず、一気に読んでしまった。40年前の時代も感じます。(今の感覚のまま読むと「なんで?」の連続になると思う)
死刑が確定した犯人、小原保が短歌に心の拠り所を求め、残した短歌の数々も心を打つ。もちろん罪は罪だけれど。
せっかくの休日なのに、ごろごろしながら本を読んでおりました。

|

« 今宵もとことん、食う!呑む!叫ぶ! | トップページ | 成田温泉「大和の湯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三連休の始まりは一日ごろごろ。:

« 今宵もとことん、食う!呑む!叫ぶ! | トップページ | 成田温泉「大和の湯」 »