« キライなもの。 | トップページ | 七夕 »

2005/07/06

『日本世間噺大系』

今読んでる本。まだ1/3ってところかしらん。でもすんごーく面白いので紹介しちゃいます。
伊丹十三『日本世間噺大系』。エッセイなんだか短編集なんだかよくわからないのですが、伊丹十三が経験したり聞いたりした話をまとめたもの・・・らしいです。これがもー伊丹十三らしくてめちゃくちゃおかしい。一番最初の『走る男』とか『鯉コク』なんつーのはいかにも伊丹十三。この人はたぶん頑固で偏屈でちょっとおかしい常識人なんだろうなぁ(「自殺」なんてものと対極にいるような人に思えるけれど、あまりに常識人すぎて世間との折り合いがうまくいかなかったんだろーか)。そしてしつこい。このしつこさが彼の「視線」、そして文章につながっているんだろう。
お布団の中や、電車の中で退屈しのぎに読む本だと思います。伊丹十三の本って、そんなにありがたがって、うやうやしく読むもんじゃないと思うよ。んで、暇つぶしに読んだはずなのに、どこかの一部分が妙に記憶の底に残ってしまうような、ざらつきのある本なのだ。

伊丹十三がもし生きていたらと思う。ネットは大いに活用していたでしょうね。ブログとか。それをテーマにした映画を撮っているか・・・いや、映画はもう離れてしまったかもしれん。←そんな気がする。
やっぱり生きて、未来をみておかなきゃダメなのよ。

|

« キライなもの。 | トップページ | 七夕 »

コメント

こんにちは!

あやこちゃんも読んだのね♪
この本、たあさんも読んでたね。
『ヨーロッパ退屈日記』の「耳にバナナ」とか・・・

昔話でごめんね。

投稿: 桂子 | 2005/07/08 17:06

わーい。桂子ちゃん、どうもお久しぶりでございます。

>>この本、たあさんも読んでたね。

うんうん。高校時代の思い出でございます。「耳にバナナ」の話を熱心に話してくれたよねー。
ここんとこ、新潮文庫からたて続けに伊丹十三の懐かしい本が復刊されていて、ついつい手にとってしまいます。
目の付けどころが今の時代に合っている感じがするなー。

投稿: あやこ | 2005/07/09 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日本世間噺大系』:

« キライなもの。 | トップページ | 七夕 »