« 夫は働き、そして妻は飲んだくれる。 | トップページ | どうって事ない日曜の夜。 »

2005/06/04

銀座でわいん。

昨夜は銀座の『ビストロ・ラ・マリー・ジェンヌ』。先月、同僚に連れてきてもらって、すっかり気に入ったので、今度は私が友人たちを誘った。女ばっかり4人。私はワインの事なんて、これっぽっちもわからないので、普段からワインをよく飲むというM嬢が頼り。ソムリエIさんのおすすめでいただいたワインは以下の通り。(メモしたまま)

Muscadet Sevre et Maine
CHATEAU VILLA BEL-AIR
SEIGNEURS D'AIGUILHE
LES BRULIERES DE BEYCHEVELLE
TREVIAC CORBIERES

お料理もとてもおいしかった。表面をカリカリに香ばしく焼いた真鯛にパセリのソースを合わせた一皿が絶品。それに合わせてもらったワイン(CHATEAU VILLA BEL-AIR )との相性がこれまたすばらしく、お料理でワインの味が変わるのにはびっくりした。
次に頼んだ鴨肉のお料理にはSEIGNEURS D'AIGUILHE。さっきのワインとは違って口の中の脂がサッときれいに流れる感じ。
最後はホロホロ鳥。ホロホロ鳥は初めていただいたけれど、味のあるささみって感じですね。
最後はチーズでおしまい。
フルボトル5本に前菜から最後のチーズまで6皿頼んで一人1万円弱。私はかなりお値打ちだと思いました。おいしかったもんなー。
しかし・・・。気が付かなかったけれど5本も飲んじゃったのね。一人1本強。四合ちょっとか。そりゃ酔うわな(笑)。最後の方は記憶が少し切れていたりするのだけれど、とにかくワインはおいしいわ、お料理もおいしいわ、気の置けない友人達とのおしゃべりは楽しいわ、本当に気持ちのいい夜でありました。

|

« 夫は働き、そして妻は飲んだくれる。 | トップページ | どうって事ない日曜の夜。 »

コメント

いいなー、美味しそう♪
でもワインの名前は一番上のミュスカデしかわからん(笑)。
酒の名前も人の名前も覚えられない私がほとんど唯一知っているお気に入りワインなのです。
こちらは気になるコーヒーショップを訪ねて千葉県K市からはるばる千歳船橋まで出張ってきました。こんなとこ↓
http://www.kohikobo.co.jp/modules/tinycontent4/index.php?id=2
東ティモールというアジアで一番新しい国のコーヒーは甘さの中に軽やかな酸味があって、ほんのり草の匂いも。
子供の頃に吸ってたレンゲの蜜の味を思い出しました。
ご主人オススメのイチジクとプラムのタルトも美味でしたよん♪

投稿: 女官R | 2005/06/05 11:41

おいしかったですよー。
でも私もワインの事は全然わからんので、ラベルの文字をメモするときも「いったい、どこからどこまで書けばいいんだろう??」と頭を悩ませておりました。
最初のワインはマスカットのワインだそーです。食前酒としてあっさりめのワインを頼みました。あっさりしすぎて危ないワインでした。
また行きたいお店です。

>>こちらは気になるコーヒーショップを訪ねて千葉県K市からはるばる千歳船橋まで出張ってきました。

おおおっ。よさげな店じゃないですか。
いまやビジネス街の珈琲屋さんは風前の灯火。会社近くにあった珈琲専門店はいつのまにか閉店。かわりにカフェばっかりできています。
タリーズは好きなのですが、所詮企画もの。
気合の入ったおいしい珈琲を飲みたいっ!

投稿: あやこ | 2005/06/05 22:12

こんにちは。最近自宅でVilla Bel-Airを楽しみました。そのレポートをTBさせていただいています。かにたまに合わせたのですが、けっこういいかんじでしたよ。

投稿: konyamo | 2005/06/23 12:42

konyamoさん、初めまして。TBありがとうございます!
ブログを読ませていただきましたが、いやースゴイですね。
私はワインは飲み始めたばかりで出されたものをホイホイ飲んでいる状態。種類が多くて目眩がしそうです(笑)。
ワインとお食事を合わせる楽しみも何となくわかったかなーってとこ。
これからもお財布と相談しながらワインも飲んでいきたいです。

投稿: あやこ | 2005/06/25 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座でわいん。:

» ネコ系の美しき館、ヴィラ・ベレール [今夜もワインのひととき]
6月×日(晴れ) 【本日のお題】かにたま 【本日のワイン】Chateau Villa Bel-Air 2002, Graves シャトー・ヴィラ・ベレールは、ボルドーのグラーブ地区の中央部に位置するサン・モーリヨンに修道院として建築されました。18世紀後半に改築され、シャトーはフランスでも外装の美しさで有名でしたが、フランス革命で一時国有化され、そののち荒れていました。それを、ランシュ・バージュのオーナーであ... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 12:38

« 夫は働き、そして妻は飲んだくれる。 | トップページ | どうって事ない日曜の夜。 »