« 九九ができない人たち。 | トップページ | 今月の玉椿(笑)。 »

2005/05/16

5月の風。

朝からいい天気。空気は少し冷たいけれど、風はカラリと気持ちがいいし、真っ青な空を見上げながら歩いていると、頭から真っ逆さまに落ちていきそう。通勤電車の窓から見えた富士山は雪が波形に残っていて、富士山らしい富士山。今日は新幹線の車窓からもきれいに見えるだろうなぁ。
独身時代、時々仕事で大阪から東京へ行く事があった。平日朝の上り新幹線なんてビジネスマンばかりで、みんな居眠りしているか書類に目を通しているか。寝息も聞こえるような静まった車内にいきなり「ただいま左手に富士山がきれいに見えております」という車内放送が響いた。うつむいていた人がいっせいに顔を上げると「おおっ」と溜め息のような声があちこちから聞こえてきた。車掌さんは自分一人で見るには惜しいと思ったんじゃないかな。それほど見事な富士山が窓一杯にあふれるように見えていたのだ。そりゃもう「美しい」と言うしかないって感じ。「ふーじはにっぽんいちのやまぁ♪」って歌が口をついて出てくるような。
・・・なんて事を思いだしていると、川を渡るとき、遠く上流に山並みが見えた。山好きの友人が調べてくれたところによると日光連山とのこと。もうちょっと空気が澄んでいたら男体山も見えるそうだ。つまり関東平野の北の端が見えてるってわけ。
街の緑は日に日に分量が増えていく。ついこの間まではチラチラって若葉が日の光を遠慮がちに反射しているだけだったのに、いまはもうわさわさ。ざわざわ音を立てながら風に揺れているんだからねー。
昼休みに外に出ると、どこからか「ちゅんちゅん」とゴムを引っ張ったような声が聞こえてくる。燕の巣があるようだ。少し探してみたけれど、巣の場所を見つけることはできなかった。都会に燕の巣ってヘンな気がするけれど、近くには日比谷公園の池があるし、少し足を伸ばせば皇居もある。トンビも鷹もいないし、都会は燕にとっては意外と住みやすい所なのかもね。

|

« 九九ができない人たち。 | トップページ | 今月の玉椿(笑)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月の風。:

« 九九ができない人たち。 | トップページ | 今月の玉椿(笑)。 »