« お花見 | トップページ | 『玉椿』で飲む。 »

2005/04/07

携帯電話

昨日、携帯電話の電池のもちが悪くなってきたと書いたら、さっそく友人が電池パック無料サービスなるものがあるよーと教えてくれた。おおおっ。これは便利!気に入ったものを長く大事に使うって事はいいことだもんね。でも電池のつけかえに一週間から二週間かかるのかぁ。その間、携帯が使えないのはちと不便かもーと、またまた悩んでしまうのであった(笑)。いまや飲みに行く約束はほとんど携帯メールですませてるので。

もう携帯電話のない生活は考えられなくなってしまったけれど、そんなのはここ10年くらいの事なんだよね。私が初めて『携帯電話』の実物を見たのは(手にしたのは)20年近く前のこと。当時勤めていた会社で購入したのだ。かばんの中に入らないくらい大きくて重くて、おまけにめちゃくちゃお金がかかった。まず契約時に10万円近く、月の基本料金が2万円くらいで、通話料も数秒10円、ちょっとのやりとりでもアッという間に数百円。そこでは社長以下えらいさんが3人持っていたんだけれど、主に使っているのは部長一人で、その人も「ほんまに仕事で使ってるんかぁ?こいつ」って感じだった。いくらバブルの時代とはいえ、ろくに使いもしないかっこだけの携帯電話に毎月数十万円使うのは無駄じゃないですか?と、経理部長に文句をゆーた事もある。(そのくせ営業が仕事で使う電話は管理が厳しかったのだ。逆じゃないのー)
それがいまや小学生の姪っ子も自分の携帯電話を持っている時代であります。

どこぞの弁護士の先生が新聞のコラムに「私は携帯電話などは持っていないし使わない。そんなものがなくても仕事はできる。必要ない」と書かれていたのを読んだ事がある。なるほど、弁護士先生はかまわないかもしれないけれど、後ろでバックアップする事務所の人が大変だなーと同情してしまった。携帯電話を持たないのは勝手ですが、連絡をとれない事でお客さまに迷惑をかけてしまう事もあるわけで。
今の勤め先の上役もなんだかんだ言って長い間携帯電話を持っていなかった。でもあるとき、大至急確認をとらないといけない事があって、その時上役は出張中。「乗ってる電車、わかるよ!」と指定席の手配をした私がJRに電話して、特急○○のこの座席の人に、大至急電話するよう、車掌さんに頼んでもらえないかとお願いしたら断られました(泣)。「ハハキトク」という人命にかかわるような事でないとやってもらえないらしい。そりゃ、いちいち話を聞いていたら車掌さんも自分の仕事できないよね。「その方は携帯電話はお持ちではないんですか?」と逆にきかれましたがな。(到着駅に連絡して、電車の到着と同時に、ホームに放送してもらう事は可能とのこと)
「もう、大騒ぎだったんですよ!携帯くらい持ってください!」と文句を言ったら、さすがに反省したのか翌日買ってきました(笑)。

|

« お花見 | トップページ | 『玉椿』で飲む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話:

« お花見 | トップページ | 『玉椿』で飲む。 »