« 春の湯治 | トップページ | 浮雲。 »

2005/03/23

城ヶ倉大橋

20050322_今回の旅は7名だったので、青森から酸ヶ湯温泉までの往復にはジャンボタクシーを利用。帰りは朝の10時に旅館まで迎えにきてもらいました。

お天気がよかったので、少し寄り道をして城ヶ倉大橋に寄ってもらいました。八甲田と黒石方面を結ぶ橋で、何でこれがもっと有名にならないのか不思議なくらい、その佇まいも、橋を背景にした風景も、橋から見る景色も、すばらしいのです。2時間ドラマの舞台にぴったり!なんだけどなぁ。夏には何度か通った事があるのですが冬は初めて。八甲田山はもちろん、遠くには岩木山に陸奥湾もよく見えました。

少し歩道を歩いてみました。いやー、もう、すごかったです。(たぶん)シベリアからの冷たい風が矢のように吹いてきて風上に顔を向けると息もできず目も開けられず。一人じゃ恐ろしくて立っている事もできなかっただろうなぁ。歩道には雪がほとんど積もっていませんでしたが、それは風が強くて積もるヒマもないのだ、きっと。とりあえずカメラを風上に向けて適当にシャッターを押してみました。怖かったけれどいい思い出になりました。

|

« 春の湯治 | トップページ | 浮雲。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城ヶ倉大橋:

» 岩木山の雪形(ゆきがた) 2005年4月1日 [縄文ドリームタイム日記]
津軽平野の中央にそびえる岩木山。 高さ1625メートルと、けっして高い山ではないが、 その美しい姿から、津軽富士と呼ばれ、人々の こころを引き... [続きを読む]

受信: 2005/04/01 16:28

« 春の湯治 | トップページ | 浮雲。 »